ドラマに備わったエンタメとしての魅力を、演出や企画など裏方仕事を通じて、その見応えを生む理由を書きました。

ドラマが持つエンタメとしての魅力
ドラマが持つエンタメとしての魅力

ドラマが持つエンタメとしての魅力とは

ドラマが持つエンタメとしての魅力
ドラマといえば、どのご家庭でも大抵エンタメ番組として愛されている、人気のあるコンテンツではないでしょうか。特に人気のあるドラマは話題の種としてもチェックしておいて損はありません。人気があるドラマということは万人からそこまで愛されるだけの理由を秘めているもので、あらゆるテレビ局が人気ドラマを生み出そうと日夜知恵を絞りながら、よりドラマの魅力を引き出すための効果的な企画を生み出すために悪戦苦闘していそうです。

ドラマの筋立て、役者人気、脚本家人気、話題性など一つのドラマが人気を博する要因は非常に複雑なこともあり、なかなか狙ったようにヒットを飛ばせるわけではありませんので、非常に作り手としての鋭敏なセンスが問われているようでもあります。
もしも私が見応えのあるドラマの企画を練るとしたら、何か「謎」を埋め込み、それ中心にストーリーが回っていくようなドラマが望ましいような気がします。
なんといっても、人の興味を惹きつけるのは常に現れる不思議な「謎」です。

「これは一体どういうことなのだろう」「この先、どのようにして展開していくのだろう」とストーリー進行に合わせてその都度浮かび上がってくる「謎」の存在こそが視聴者に興味を持たせ続ける秘訣であり、謎の不可解さに引っかかるからこそ、物語に対して好奇心が刺激され続けるのです。

では、一体ドラマとはいかなる謎を演出すれば、視聴者からエンタメ作品としての魅力を維持し続けてもらうことができるでしょうか。私が面白いと思った名作ドラマの数々を思い起こしてみるに、まずは出だしからわかりやすい「謎」が提示されると、見ている側としてもそのドラマのなかにどっぷりと入り込みやすくなるような気がします。
不可解な、不思議な、謎めいた、このような事件が発生した理由は何なのか。謎があることで、「一体なぜ、誰がどのようにこの事件に関わっているのか]「どうしてこのような不可解な謎が浮かび上がってきたのか」「一体ここからどのようにしてこの未知なる謎が解き明かされていくのだろう」などなど、ストーリーに感情移入するとっかかりとしてとても分かりやすいのです。

おすすめ情報

Copyright 2014 ドラマが持つエンタメとしての魅力 All Rights Reserved.